So-net無料ブログ作成
検索選択

卑怯な自分はいつだって『自分』を良くみせようとして君の心を踏み躙っていくんだ [想]

例えばあの時 自分が声をかけなければ あんなことを言わなければ

君はこんな思いをしなくてすんだかもしれない

あの時自分が発したことが始まりで

君を苦しめたかもしれない

 

ごめんな もうなかったことにはできない

 

謝ることは 無意味だ。時間は戻らない。とりかえしはつかない。

だから 君がまた前を見て生きてくれることを 願う

無責任だけど。 それしかできない気がするから。

だから自分は横にいなくていい 君の道を行ってくれればいい

いままで近い所にいてくれて

ありがとう。

 

 

・・・なんて。

 うん やっぱ「謝る」事は大事だけども『謝り続ける』ってあんまり先に繋がらないね。

謝って 終わりにするなんてのはちょっとばかし卑怯かもしれない

結局 謝られるよか その倍の有難うが欲しいかもしれない。

少なくとも 自分は。

例えば誰かが行った事がきっかけで自分が多少苦しい思いをしても

きっと無駄にはしない。したくない。そんな苦しみ損は御免だから 自分の肥やしにでもしてやらなきゃ気がすまない。

だから そういうことなんだ。 皆多分そうやって どっかで絡んで 生きてるから

君と出会って 苦しめられた事も 重荷だと感じた事も正直あったけど

多分自分も沢山傷付けたから。

だから 謝り続けるのは やめて

自分の道を自分の足で生きて欲しい。

 

それで 十分。

私は君と一緒に生きた時間を後悔にしない。

 

出会えて良かったと 本当に言えるから


海の様に [想]

青く 広く 深く 遠く どこまでも どこまでも どこまでも どこまでも

音を 命を 心を 夢を 希望を不安を輪廻を生死を

どこまでもどこまでも 繋ぐ

繋いで 離して 泣き続けている

 

総てを繋いで 育んで 奪い去るのに

 

君は一人 総てを抱いて 泣き続けている

 

 

いつだったかな ずいぶん昔に書いた雑文が発掘されたので晒してみる(痛

 


負けたのか。 [想]

 

 

「ここまでひたすらwordやらHomepageNinjaみたいな化石アナログ機能に頼ってたんだから

今blogに走ったら負けたと思っている」

 

そんなこといってたけど

 

もう限界。

パソが起動を拒否し始めた。

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。