So-net無料ブログ作成

おばあちゃん おばあちゃん ありがとう [想]

伝えたいことが あったのに。
伝えなければいけないことだったのに。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

わすれない で いること。 [想]

何故君じゃなきゃいけなかったんだろう

きっと誰にでもありえる とてもとても不幸で悲しい事故だったんだ

続きを読む


それしかできない [想]

重く 暗い話になりますので。

続きを読む


消えて 生まれる その日まで [想]

そこに 今まであったものが 
あり続けると思ったものが
ある日 突然 なくなる時
もっと大切にしておけばよかったと
いつだって後悔するんだ

そんなこんなでコンバンワ 昼間から金平糖ガリガリしてます
先日母親が帰宅後にため息をついていたので話を聞いたところ
馴染みにしていた地元の和菓子屋さんが今月で店を閉めるとのことでした
創業から80年、俺が生まれる何倍もの時間
小さな商店街で地元の人らに親しまれてきたお店。
自分の実家も家族ぐるみで長年お世話になってました
実際値段は高めでも味はお墨付きで 大好きだった。
翌日は開店時間に乗り込んで好物の麩饅頭等を大量に買い込みました。親持ちで(笑

お店のおかみさんと話をしたところ閉店は前から決めていたそうです
理由は御主人の体力的な問題、建物の老朽化、何よりも後継者の不在。
先日同じ理由でこれも祖父の代から世話になっていた観賞魚屋さんも閉店していました

時代の流れ とか言ってしまえばそれまでなのかもしれないけど
長年当り前のようにそこにあったものがなくなってしまうのは
やっぱりとても寂しい。
でもきっとそれは誰よりもお店の人達が思っていることで
客にできることはお店の最後の御奉公を手厚く受け取ることかなとか思った。
今まで ありがとうございました って言われて店を出てきたから
最後はありがとうございましたって言って店を出ていくこと。
たぶんそれでいっぱいいっぱい;

俺いっぱいいっぱい(ぁ
観賞魚屋さんでは原価6800円の図鑑が100円になってたので購入。
和菓子屋さんは今月いっぱいやってるのでまた買いに行こうと思いますw
↓はその和菓子屋さんの季節商品。春風?だったかな?
090323_1322~0001.jpg

本当は別のこと書こうかと思ったんだけどもとりあえず延期。
今は商店街の古顔さん達に只管感謝。


1行日記。 [想]


近頃バイト中に結構な確率で
「ソフトの上野選手に似てますね」って言われる。


ことばなきもの。 [想]

目の前にいないことがこんなにも不安だと思わなかったんだ。

はい。そんな感じで試験も8割方消化しましたが
うん まあ なんていうか怒修羅場wwwwwwwwwwww
とりあえず今日の試験問題の指定が間違えてた気が激しくするんですがどうなんだろう
終わってしまったことは仕方ないんで結果待ちですが

試験始まる頃ぐらいの話になるんですが自宅で飼っているケルベロス(仮名)の調子がおかしくなりまして。
最初は足がふらつく程度で少しどっかひねったくらいに思ってたんですが
飯も食わないしその内下半身が全く支えられていない状態にまでなったので病院に連行した所
子宮蓄膿症という症状だとわかり速攻入院、手術の運びとなってしまいました;
(子宮に大腸菌などの細菌が進入し子宮に膿を蓄積してしまう病気で二次感染などを起こせば命に関わる病気です)
先日病院に行き摘出した子宮を見せてもらって説明を受けてきました
話を聞くともう少し自分らが気をつけてたらここまで進行しなかったんじゃないかというのは正直思った
もともとが丈夫だからといって思い返せば兆候的なことはあったわけで
もう少し若い時にしっかり避妊手術をすませておけばよかったとか
かなり可哀想なことをしてしまったと。 今言っても仕方ないんですが。

今日再度母者と見舞いに行ったら先日よりもかなり元気になっていたので少し安心しました
大分興奮して飛びついてきたしふらいついていた後足もかなりしっかりしてた
術後の経過が良好であればあと一週間ほどで退院できるとのことでした

とりあえず一安心ですが 本当にもう少し早く気づいてやれればよかった。
今はもう猛省するしかないですが

あとは元気になって帰ってくるのを待つだけです


何度だって。 [想]

先日の宴をダイジェストでお送りします(?

続きを読む


おいかけーてー [想]

どうもコンバンワ ところてんをバカ食いして腹を痛めるのはぶっちゃけ初めてじゃない翔斗です
丼一杯はかなりキツイ。5,6時間たつと胃袋で膨れて圧迫してくる感じ 素人には勧めない(何

ちょっとまえに高校時代広報委員を一緒にやっていた子からこんなメールが来ました

「○●高校と◎×高校と△◇高校の見学会乗り込もうぜ!

勿論既に二十歳を手前に控えた俺達がなんちゃって中学生をして見学会に参加するという意味ではない
流石に守るべき所は俺達にも残っている。 そこは空気読める(ぇ
一つは無論母校。残り二つは現役時代(?)にさんざコキ使わr世話になった
広報委員担当の先生が転任した先の高校なんです
つまりは当時の恩師に会いに行きたいんですよね
母校は去年も大量の差し入れを持って乗り込みました
ただ今年は母校のに行けそうにない俺orz

ていうか去年はまだ顔を知ってる後輩が多かったからいいものの今年はその辺不安です
母校以外に至っては明らかに中学生には見えないであろう若者が数人で担当の先生をからかいにくるわけですから
まあ タチ悪いことこの上ないことだろう(ぉ

それはそうと広報委員時代の友人らと会える機会は稀なのでその辺かなり楽しみッス。
ぶっちゃけ春の会は既に定例となりつつあるあたり流石だと思うんだ(笑

こういうの 大事にしていきたい 本当に。
とりあえずS先生、E川先生心の準備をお願いしますw


たぶんそうやって 生きてく。 [想]

この気持ちを何て呼ぶのか知らない。   わからない。  わからないフリ

自分がどうしたいのかわからない。  どうもしない。  だってどうしようもない

多分それで いいんだって 思う けど  自分の中で渦巻くモノが 引っ掛って 愚図る。

結局俺は 全部受け入れるだけ 受け入れて 歩いてく

 

いつもみたく。

 

いつか遠のく事は 知ってた。  皆そうだ。  きっと自分だってそうだ。  いつか。

それぞれ心も躯も携えて別の場所で別の道で 遠くても同じ地面の上で生きてく。

総ての間に変わらずに在る存在を願って それを伝って手繰り寄せてまた共に在れることを祈って

 

そんなそれぞれの日々が「いつも通り」に なっていく。

 

絶対に悪い事じゃない。 だけど引っ掛って愚図る何か

今はこの場に留まる自分 今は見送る立場の自分  何て呼ぶんだろう  コレ  このどうしようもなく 無 な感じ

 

 

俺 寂しい  のかな。

 

 

・・・・・・なんてな。

寝違えた首が治らないYOorz


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

疲れた後の [想]

米うめぇ。

 

しゃもじ片手に炊飯器の前でもそもそ食ってたら親に引かれた(ぁぁ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。