So-net無料ブログ作成
検索選択

たのしい食品衛生学 [彼是]

というわけで本日は風来坊の試験科目でもある食品衛生学の一項目を流行を交えて楽しく勉強してみたいと思います。
一応言っておきますが別にグロくないよ(ぇ

さあ 今日の内容は食品にくっついて繁殖したりする微生物の発育条件についてです
今回は「酸素の有無」にポイントをあててみましょう
とりあえず長くなるので興味ない人はスルーもアリアーリ。

さて、微生物の種類を分けるにあたり「発育・増殖する際に酸素を必要とするか否か」という分け方があります
まず偏性好気性菌
コイツは何をするにも酸素が必要。納豆菌含む枯れ草菌なんかがあります
わかりやすく言うなら酸素に対して「デレ」なわけです。
「私・・・君がいなきゃ何もできない・・・!! いなくなったら生きてる意味なんて----・・・」
まあここまで激しくデレかは知りませんがとりあえず酸素に対して素直に依存する可愛いヤツら(ぉ

次に偏性嫌気性菌
上のデレ子(?)とは全く逆。酸素があると基本的には何もしない・できない
こいつ等は酸素が無くなった環境(真空パック内)とかに置かれると激しく増殖したり猛毒吐いたりする
「あんたなんか要らない・・・ あんたがいなければ私は自由に生きられるの
死ねばいいのに
くらいの勢いですね
いわゆる純度100%、酸素に対して生粋の「ツン」です(もう路線違う)
因みに代表されるのは地球最強の猛毒を作り出すボツリヌス菌など。
カラシレンコンの名を聞けばセットで彼らの名前は現れるかと

さて最後は通性嫌気性菌
彼らの特性としては「酸素はあってもなくても発育・増殖が可能だがどちらかといえばあった方が発育しやすい」という
完全なる「ツンデレ」です。
「べっ、別にあんたなんかいなくても私はやっていけるんだからね!
   だけどいてくれたら・・・その、嬉しいっていうか・・・・・・」
 
(注:基本的に風来坊はツンデレを正しく理解していません)
まあ人間視点から見たらこいつらが一番身近にいるかもしれません
大腸菌、サルモネラ、腸炎ビブリオとかどっかで聞いたことある身近な菌の多くはツンデレ属性ってことです

さて 良い子の皆、勉強になったかな?
だけどテスト本番で区分の仕方について「ツンデレ」とか書いても十中八九単位はもらえないから気をつけろ!!
あと一応授業のノート見ながら今日の日記書いたけどちょっと間違えてても許してくれ!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

t(ry

…染まってるな
by t(ry (2007-06-22 00:58) 

泉 翔

気のせいd(ry
by 泉 翔 (2007-06-22 22:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。